入賞者50人を表彰 県小中学生新聞感想文コンクール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
表彰を受ける児童たち=上毛新聞社上毛ホール

 第11回群馬県小中高生新聞感想文コンクールの表彰式が16日、前橋市の上毛新聞社上毛ホールで開かれ、入賞者50人に表彰状と記念品が贈られた。

 主催した同社の内山充社長は「家族との会話や体験、知識を通して、自分の考えを的確に表現してくれた」とあいさつし、「さらに新聞との関わりを深めてほしい」と呼び掛けた。

 コンクールは、新聞を通して社会に関心を持ってもらうことを目的に実施。今年は小中高生の計1357人から応募があり、5部門で入賞者を決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事