女性活躍できる空気を 安中・茂木市長が発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性活躍のポイントを発表する茂木市長(左から3人目)

 全国の女性首長らが一堂に会し、女性活躍推進を考える会議「女性首長によるびじょんネットワーク」が16日、東京都内で開かれた。本県からは安中市の茂木英子市長が参加し、自身の経験を踏まえた女性活躍のポイントを発表した。

 東京都の小池百合子知事や山形県の吉村美栄子知事のほか、20人ほどの女性首長がステージ上に顔をそろえ、女性が活躍できる地域づくりのために重点的に取り組んでいる施策、自身のキャリア形成などを一人ずつ発表した。

 茂木市長は市議、県議を経て県内初の女性市長となった歩みを振り返りながら、みんなで女性が活躍しやすい空気をつくる大切さを強調。その上で、「女性はママ友や趣味の仲間、地域とのつながりなど、ネットワーク力が高い。これを生かしたい」と話し、男性にも積極的な支援を呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事