石器手作りし縄文土器で料理 耳飾り館で体験教室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 縄文時代の暮らしを体験する教室が17日、群馬県榛東村の耳飾り館で開かれた。約60人の親子連れが参加し、石器や当時の料理作りに挑戦した。

 歴史学者の大工原豊さん(高崎市)が講師を担当し、参加者は黒曜石を加工して石器を製作=写真。石器で野菜や肉を切り、縄文土器で煮込んで味わった。クルミやエゴマを混ぜたクッキー作りもした。前橋桃瀬小4年の星野颯大君は「石器を一から手作りする体験は家ではできないので楽しかった」と笑顔で話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事