パラ五輪目指す海保さん 所属の東電支社で思い語る 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社員と一緒にボッチャを実演する海保さん

 東京パラリンピックに向けてムードを盛り上げようと、東京電力パワーグリッド群馬総支社(真田秀雄支社長)は18日、前橋市の同支社で社員を対象に講演会を開いた。同社太田支社社員で、ボッチャで出場を目指す海保美宏さん(47)らがパラ競技を説明したほか、東京への思いを語った。

 昨年の日本ボッチャ選手権BC2クラス4位で育成指定選手でもある海保さんは、初めてボッチャを体験する社員と一緒にプレー。絶妙なボールコントロールに出席者から歓声が上がった。

 12月20日から愛知県で開かれる同選手権で優勝すればパラリンピック出場の可能性が高まるため、「上位を倒して出場につなげたい」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事