前橋中心街のまちづくり 民間で担う新団体 再生推進法人目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市中心市街地のまちづくりを民間で担うため、市内の企業経営者らが一般社団法人前橋デザインコミッション(MDC)を設立した。多くの企業や市民に参加・出資を促すほか、税制優遇などの支援を受け行政の補完が可能になる都市再生推進法人の指定も目指す。民間主体のまちづくりの指針となる「市アーバンデザイン」に沿った長期的な都市像の実現へ、来春にも本格的に事業を始める。

 MDCは、群馬日産自動車を傘下に持つGNホールディングスの天野洋一会長が代表理事に、理事には池下工業の小島秀薫社長、前橋商工会議所の曽我孝之会頭、ジンズホールディングスの田中仁CEOらが就いた。設立は1日付。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事