イノシシ捕獲強化 来年度目標引き上げ 豚コレラで県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 豚コレラ(CSF)の感染拡大を受け、群馬県鳥獣被害対策本部(本部長・津久井治男副知事)は18日の会議で、野生イノシシの捕獲強化をはじめとする来年度の活動方針を確認した。捕獲目標頭数は、本年度の1万218頭を上回る水準に設定する。

 県は当初、本年度の捕獲目標を9千頭と設定していたが、県内で野生イノシシへの感染事例が確認されたことを踏まえ、10月に県内の33市町村に捕獲重点エリアを設定するとともに、捕獲目標を引き上げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事