「殺意 なかった」一部否認 交際相手殺害の元前橋市職員 初公判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 さいたま市のビルで1月、群馬県高崎市出身の女性会社員(22)=埼玉県春日部市=が殺害された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた交際相手で元前橋市職員の男(26)=前橋市大渡町=の裁判員裁判初公判が19日、さいたま地裁(北村和裁判長)であった。被告は「殺意はなかった」と起訴内容の一部を否認し、弁護側は殺人罪ではなく傷害致死罪が適用されると主張した。

 冒頭陳述で検察側は、暴力を振るっていた被告が「別れを告げられ、一方的に怒りや恨みを募らせて犯行に及んだ」と強調。事件前にインターネットで「包丁」「殺す」などの言葉を検索していたと指摘した。

 弁護側は「女性が警察に相談したことについて話し合うため、勤務先に行った。包丁を取り出したところを目撃者にタックルされ、刃が女性に当たってしまった」と説明。包丁によって結果的に死亡させた事実は認めたが、首絞めや切りつけの事実はないと訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事