ランボルギーニを教材に特別授業 藤岡工業高で生徒が魅力学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 イタリアの高級車、ランボルギーニを教材とした特別授業が19日、群馬県藤岡市の藤岡工業高で開かれた。電子機械科の2年生38人が自動車の魅力や整備士の仕事について理解を深めた。

 群馬自動車大学校(伊勢崎市)から講師2人を招いた。生徒は興味津々な様子で運転席に座ったり、エンジンの構造や不具合を未然に防ぐ整備士の仕事について説明を受けたりしていた=写真。立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」も試乗した。

 同高2年の清水麻衣さん(17)は「高級車の構造がとても興味深かった。貴重な経験」と喜んでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事