紙人形劇で児童笑顔に 天沼小「どんぐりの会」 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生天沼小の学校支援組織「どんぐりの会」(佐藤承子会長)は22日、ペープサート(紙人形劇)を同校で披露した。保護者らによる「へっこき よめさま」の上演を1~6年の児童265人が楽しんだ=写真

 同会は保護者や元保護者、地域住民をメンバーとして発足。児童に向けて「プラ板作り」や下校指導などを実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事