日本遺産PRへ商品続々 新たな地域ブランドに 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
里沼うどん
里沼クッキー
はがきセット「たてばやしの『里沼』」

 5月に認定された群馬県館林市の日本遺産「里沼」をPRする商品やサービスの開発が相次いでいる。菓子やうどんから旅行商品まで、館林の新たな地域ブランドを育てようとする動きが加速している。
 
 商品やパッケージ、ウェブサイトなどに里沼を使用する場合、市や商工団体などでつくる同市日本遺産推進協議会への申請が必要。商品化を促進しようと、協議会は事業者に対して商品開発を助言し、申請書の作成を手助けしている。市の担当者は「団体やメーカーに商品化の輪が広がるよう支援し、館林市ブランド化を進めたい」と、地域活性化の起爆剤として期待を寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事