上毛電鉄 まるで“銀河鉄道”に 前橋・大胡駅イルミネーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 夜の駅を彩るイルミネーションが前橋市茂木町の上毛電鉄大胡駅で始まり、線路沿いに輝く光の帯が利用客を楽しませている=写真

 白や青、黄など約3万個の発光ダイオード(LED)を使用。県近代化遺産登録のレトロ車両「デハ101」の模型もあり、幻想的な光景は“銀河鉄道”を思わせる。

 点灯は午後4時半から終電が到着する同11時25分まで。ホームで見る場合は入場券(180円)が必要。

 イルミネーションは同駅のほか、中央前橋、赤城、西桐生の各駅でも実施。いずれも来年1月末まで。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事