近づく冬 赤城おろしで味よく 前橋でダイコン干しがピークに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 近づく冬を前にダイコン干しの作業がピークを迎えている。前橋市堀越町の農業、横沢幾夫さん(71)方では、60~70センチの漬物用のダイコンを収穫し、雑木林に張ったロープに次々と掛けている=写真

 空っ風が吹き、日照時間が長い赤城南麓はダイコン干しに適した環境。乾燥した日が続けば、10日ほどで軟らかくなるという。横沢さんは「味のいいダイコンができた」と満足そう。都内などへの出荷作業は12月中旬ごろまで続く。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事