豚コレラの経口ワクチンを空中散布 東吾妻で初の実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 豚コレラ(CSF)対策として農林水産省は28日、群馬県東吾妻町の県畜産試験場吾妻肉牛繁殖センターで、野生イノシシ向けの経口ワクチン(ワクチン入り餌)を空中からヘリコプターで散布する初めての実験を実施した。実験には陸上自衛隊相馬原駐屯地の第12旅団のヘリコプターが協力した。実験結果を踏まえ、農水省は12月以降に本格的な散布を始める予定。

 農水省によると、実験ではワクチンを散布する際のヘリコプターの適切な高度や速度などを確認した。結果を基に効果的な散布方法を検討する。

 経口ワクチンはこれまで、群馬県や長野県など11県で手作業で埋めていた。ただ、険しい山中などでは手作業による散布には限界があることなどから、農水省は空中散布も実施したい考え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事