群馬県在住外国人 自然や温泉街巡りSNSで発信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県に住む外国人が会員制交流サイト(SNS)で群馬の魅力を発信する「ぐんまのいいとこ伝え隊」(県主催)の第3回ツアーが30日、開かれた。8カ国の16人が渋川、沼田、榛東の3市村を巡り、自然や温泉街の情緒を体感した。

 一行はJR高崎駅からSLに乗車して渋川駅に到着した。伊香保温泉では浴衣に着替えて石段街を散策。足湯に漬かって写真や動画を撮るなどした=写真。韓国のキム・ハンソルさん(26)は「初めて訪れたが、古風な街並みや雰囲気がいい。動画を編集してユーチューブにアップする」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事