80歳男性が逆走し死亡 正面衝突で2人重軽傷 渋川・関越道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故を起こした逆走車=1日午後5時10分ごろ、関越道下り線赤城IC―昭和IC間

 1日午後2時25分ごろ、群馬県渋川市赤城町長井小川田の関越道下り線赤城インターチェンジ(IC)―昭和IC間で、追い越し車線を逆走してきた同市赤城町宮田の津久井豊さん(80)の軽乗用車が、同車線を走行していた沼田市の男性会社役員(74)の乗用車と正面衝突した。津久井さんは体を強く打ちつけて死亡、男性が両足首の骨を折るなど重傷、男性に同乗していた妻(72)が軽いけが。

 県警高速隊によると、現場は赤城ICから約4キロ。片側2車線の直線道路で、中央分離帯が設置されている。妻が「逆走してきた車とぶつかってしまった」と110番通報した。

 同隊が詳しい事故原因とともに、軽乗用車の逆走した経路などについて調べている。

 事故処理に伴い、下り線の同区間は約3時間10分にわたり、全面通行止めとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事