元前橋市職員に懲役17年判決 交際女性殺害でさいたま地裁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 さいたま市のビルで1月、群馬県高崎市出身の女性会社員(22)=埼玉県春日部市=が殺害された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた交際相手で元前橋市職員の男(26)=前橋市大渡町=の裁判員裁判判決公判が2日、さいたま地裁であった。北村和裁判長は「事前に強固な殺意を有していたのは疑いの余地がない」として、懲役17年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 判決理由で北村裁判長は、被告が自宅から包丁を持ち出して被害者の勤務先のビルで待ち伏せし、事件前に「包丁 殺す」「動脈 位置」とインターネットで検索していた点などを踏まえ、「突発的に生じたものではなく、事前に強固な殺意を有していた」と認定。被害者の首を両手で絞めて包丁で首周辺を刺したとする目撃証言を採用し、「犯行態様自体から殺意が強く推認される」と指摘した。

 判決によると、被告は1月23日午後6時ごろ、交際する女性の勤務先があるさいたま市大宮区のビル5階の廊下で、女性の首を手で絞め、包丁で首周辺を刺して殺害した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事