「高齢者の足」定着へ 安中の乗り合いタクシーで体験ツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モニターツアーで乗り合いタクシーを体験する安中市の高齢者

 交通弱者の足として、群馬県の安中市内を運行する「乗り合いタクシー」の利用者が伸び悩んでいる。運転に不安のある高齢者が免許証を返納しやすい環境を整えようと、市はモニターツアーを実施。周知と利用呼び掛けに力を入れている。

 乗り合いタクシーは市が地元タクシー会社に業務委託し、間仁田・岩野谷線と磯部・中野谷線の2路線で運行する。市企画課によると、間仁田・岩野谷線の利用者は2011年度4621人、18年度4447人と微減。磯部・中野谷線は11年度3989人、18年度1912人と半減した。ほとんどが常連客の利用で、新規利用者が少ないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事