巨大なネズミで“年賀状映え”を みなかみでわらアート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 来年の干支えとの「」にちなみ、わらで作った巨大なネズミが、群馬県みなかみ町の道の駅たくみの里豊楽館前にお目見えし、記念撮影する来場者らでにぎわっている=写真

 NPO法人「わらアートJAPAN」(東京都)のメンバーと住民が協力し、地元のわらを使って作り上げた。昨年作ったイノシシが、年賀状用写真の撮影スポットなどとして人気を集めたことから、今年も制作した。

 今月下旬まで、誰でも自由に見ることができる。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事