店に入ると「逃げて!」 イオン高崎にイノシシ 市が注意促す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イノシシが出没したイオンモール高崎=2013年撮影

 群馬県高崎市棟高町の大型商業施設、イオンモール高崎周辺で3日、イノシシ1頭が出没し、同店内や近くの小学校敷地への侵入が目撃された。けが人はいない。4日も捕獲されておらず、同市は注意を促している。

◎付近の小学校でも目撃情報 店側はコメント控える
 市群馬支所などによると、最初の目撃は3日午前7時40分ごろ。イノシシが高崎桜山小の駐車場に侵入して5分ほど走り回り、敷地の外へ出た。児童はほぼ全員が校舎内にいて無事。その後、高崎金古南小近くでも目撃されたという。

 複数の目撃者によると、イノシシは同日午前、イオンモール高崎の店内にも一時侵入。買い物をしていた70代男性は「体長約1.5メートルのイノシシが店内を歩いていて驚いた。けがをしているようだった」と説明。40代女性は「店に入るといきなり『逃げて』と言われたのでびっくりした。店員が刺股を持っていたので何事かと思った」と話した。

 イオンモール広報は「近くにイノシシがいたとは聞いているが、(店内に侵入したかは)コメントできない」としている。

 付近は住宅や田んぼが混在。同支所は「見掛けても近づかずに情報を寄せてほしい」と呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事