一審死刑 破棄し無期判決 熊谷の6人殺害 東京高裁控訴審
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナカダ被告

 埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍男、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決公判が5日、東京高裁であった。大熊一之裁判長は完全刑事責任能力を認めた一審さいたま地裁裁判員裁判の死刑判決を破棄し、統合失調症による心神耗弱を認定し無期懲役を言い渡した。

 判決理由で大熊裁判長は「職場関係者や黒いスーツを着た男、やくざから危害を加えられるとの被害妄想があり、精神的な不穏状態だった」と指摘。妄想上の追跡者から身を隠すため被害者宅に侵入した上、被害者を追跡者とみなしたか、被害者から追跡者や警察に通報されると考えて殺害に及んだ可能性があるとして「統合失調症の影響が非常に大きかったことは否定できない」と述べ、十分な責任能力がない心神耗弱の状態にあったと認定し、無期懲役が相当とした。

 一方で、「証拠隠滅など自発的意思に基づく部分も一定程度残され、違法性も理解していた。精神障害の影響を考慮しても利欲的動機に基づく自己中心的犯行という評価は変わらない」と非難。責任能力が完全に失われた心神喪失の状態とは言えないとして、弁護側の無罪主張は退けた。

 結果の重大性などから「(仮に)責任能力の点を考慮しないなら、極刑をもって臨むほかなかった」とも指摘した。

 判決によると、ナカダ被告は2015年9月、統合失調症の影響で「自分や親族の命が狙われ、追跡を受けている」との妄想を抱き、伊勢崎市内の勤務先や自宅から逃走。埼玉県熊谷市の民家敷地にいたところを警察に通報されたが、警察官の言動や容姿から警察も追跡者とつながっていると思い込み、財布や身分証などを残したまま埼玉県警熊谷署から逃走した。その後、金品を奪うなどの目的で住宅3軒に侵入し、6人を包丁で刺すなどして殺害した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事