四季の「花まゆ」で祝う 製糸場世界遺産5周年 富岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 繭を素材にした「花まゆ」の展示会が7日から、富岡市の富岡製糸場東置繭所で始まる。花まゆを考案した花工芸家、酒井登巳子さん(72)=名古屋市=らが6日、作品を搬入した=写真

 世界遺産登録5周年記念事業の一環で、9~10月開催に続く第2弾。祝いの花をテーマに四季折々の花まゆを紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事