水没の八ツ場の風景に思いを 中之条の冨沢さんが茶屋で写真展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 八ツ場ダム(群馬県長野原町)の試験湛水たんすいで水没した旧川原湯温泉や一部の吾妻渓谷の写真を集めた写真展が12月29日まで、東吾妻町のそば屋「もみぢ茶屋」で開かれている。冨沢真二さん(80)=中之条町西中之条=が20年ほど前から撮りためた水没地区の四季折々の写真約30点が並び=写真、訪れた人を楽しませている。

 冨沢さんは工務店を営む傍ら、60歳ごろに地域の愛好家団体に入り、本格的に写真を始めた。山や川など自然の美しさに魅了され、旧川原湯温泉や吾妻渓谷周辺を撮影してきた。ダム完成が本年度末に迫ることから、水没地区の風景を題材にした写真展の開催を決めた。

 店の営業時間は午前11時~午後3時。不定休。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事