プログラミングで算数 上川淵小公開授業 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 来年から新学習指導要領が全面実施され、プログラミング教育が必修となるのを前に、前橋上川淵小(川上辰幸校長)は10日、プログラミングを取り入れた公開授業を同校で開いた=写真

 同校の中山雄太教諭による5年生の算数「正多角形」の授業を公開。児童はプログラミングを活用して正多角形を作り、辺の数と外角との関係性などを理解した。中山教諭は参加した教員に向け、「子どもたちが機器に慣れているかがプログラミング教育には大事だと思う」などと話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事