「歓喜の歌」力強く 館林第九合唱団と群響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 館林第九合唱団(野中嘉之会長)と群馬交響楽団の演奏会が14日、館林市文化会館カルピス(R)ホールで開かれた。約250人による「歓喜の歌」が会場に響き渡った=写真

 指揮者に国内外で活躍する藤岡幸夫さん、ソリストに4人を招いた。合唱団のほか、館林一中2年生と館林二小6年生の計170人ほどが登壇した。ベートーベン交響曲第九番の美しいメロディーと力強い歌声に、観客から大きな拍手が送られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事