力士が餅つき軽々と 太田の認定こども園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 子どもたちに日本の伝統行事に親しんでもらおうと、群馬県太田市の認定こども園「Little Village 世良田のもり」(池田祥子園長)は14日、同園で力士を招いた餅つきを開いた。園児や保護者約500人がつきたての餅を味わった。

 春日野部屋の香富士と栃丸が来園。力士が登場すると子どもたちは大はしゃぎ。2人はきねを軽々と持ち、園児らの「ヨイショ」の掛け声に合わせて餅をついた=写真。四股を踏んだり、股割をしたりして、普段の練習の様子も披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事