特製だし、麺が好評 館商工高「うどん娘」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うどん娘の特製うどんを食べる生徒

 うどんの魅力を伝える群馬県立館林商工高校3年生の研究グループ「うどん」は17日、群馬県明和町の同校で手打ちうどんを販売した。大勢の生徒らに、うどん娘特製のうどんを振る舞った。

 麺は邑楽館林産の小麦を製粉した「百年小麦」から作り、スープは山梨県のひばりが丘高うどん部のうどんだしを使用。しょうゆとみそを合わせた少し甘いスープと強いこしのある麺は相性抜群で、生徒は笑顔でうどんを食べていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事