クリスマスに染まる製糸場 25日まで富岡でライトアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の世界文化遺産、富岡製糸場(富岡市)の東置繭所がライトアップされ、れんがの壁面が赤、緑、白のクリスマスカラーに染まっている=写真。25日まで。

 首長館のベランダ近くには、当時をイメージしたクリスマスツリーを初めて飾った。正門と首長館近くの樹木を電飾で彩り、女工館や検査人館なども一部をライトアップしている。東置繭所のライトアップは午後4~7時。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事