令和の新春 良い年に 門松出荷ピーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 正月用の門松の出荷がピークを迎え、前橋市小神明町の赤城グリーン(荻原健社長)では、従業員が配送作業に追われている=写真。県内をはじめ首都圏の企業やホテルなどに向け、約200対が届けられる。

 門松作りは今月上旬に始まった。3本一組に切りそろえた竹を荒縄で結び、松を添えて仕上げた。竹の長さが1.5メートルのサイズが人気という。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事