台風19号で崩落の国道144号・鳴岩橋 緊急迂回路が開通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 台風19号の大雨で崩落した群馬県嬬恋村の国道144号鳴岩橋の緊急迂回うかい路が26日、開通した=写真。午後2時の開通を前に安全祈願式が開かれ、熊川栄村長が「復旧復興の第一歩。ピンチをチャンスに変えて、安心安全の嬬恋村にできるよう取り組む」とあいさつした。

 開通したのは、村中心部と同村大笹の長井川原地区を結ぶ約500メートルの区間。開通により村中心部までのアクセス時間はこれまでの3分の1程度になる。宮崎文孝区長(63)は「生活道路が寸断された状況で、一日も早い復興を待ちわびていた」と喜んだ。

 国は緊急迂回路の下流側に、仮設の橋を架ける迂回路整備も進め、来年6月ごろまでの完成を目指している。仮橋の整備後、今回開通した迂回路は取り壊される予定という。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事