中心街に人集う場を 桐生の藤井さん 時間貸しシェアリビング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアリビングでカレーを食べて交流する来場者。左は藤井さん

 イベントなどに利用できる時間貸しのシェアリビング「はく―hakÜ―」が11日、桐生市本町にオープンする。ギャラリー代表の藤井宜人よしひとさん(36)=同市=が運営するギャラリーの2階部分を改装した。「桐生の中心街の本町通りにゆったりと人が集える空間をつくりたい」としている。

 藤井さんは都内の大学で現代美術を学び、ドイツ留学を経て、10年ほど前に桐生に帰郷。アパレルや建具店での勤務を経験した。地元の画家を応援し、桐生を活気づけたいと、本町通りの空き店舗を改装し、2013年4月に「パンセギャラリー」を開いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事