壁や着物にろうけつ染め 大竹夏紀さん個展 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 富岡市を拠点に活動する染色アーティスト、大竹夏紀さん(37)の個展「晴れの日」が11日、高崎市問屋町のビエント・アーツ・ギャラリーで始まった。ろうけつ染めの新作を中心に10点を展示している。

 天女や旭日、鳳凰(ほうおう)などを題材に、壁に絵柄を直接打ち付けたほか、染めた布を木製パネルに張り付けたり、着物にするといった大胆な表現方法が並ぶ。ろうけつ染めは、模様部分をろうで防染して描く伝統的な染色技法。大竹さんは「めでたい新年に、縁起の良いものを展示した」と話している=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事