「厄除猿」に開運願う 藤岡・光徳寺で大祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
供養される猿人形と祈願する参拝者

 「願いがかない、厄が去る(猿)」にかけて、サルの張り子の人形に願いを込める「厄除猿の大祭」が13日、群馬県藤岡市の光徳寺(竹市文光住職)で開かれ、無病息災や開運を願う参拝者でにぎわった。

 参拝客は今年の干支えと、ネズミの首飾りを着けた新しい人形を買い求め、家内安全や商売繁盛などの思いを込めて持ち帰った。厄よけの法要後、竹市住職が経を読み上げる中、役目を終えた昨年の猿人形が火にくべられ、護摩がたかれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事