虹色に輝く氷像 東吾妻で「氷の祭典」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 氷の彫刻を展示する「氷の祭典」が23日、東吾妻町本宿の旅館「かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠(はたご)」で始まった。日没後にライトアップされ、色鮮やかな光で幻想的な輝きを放つ氷像が、宿泊客らを楽しませている=写真

 氷の彫刻は、NPO法人日本氷彫刻会本部役員の中野徳二さんが制作。宝船の上に今年の干支えとのネズミやタイ、戦国武将の真田氏をモチーフにした武将の像などが並ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事