冬の観光 竹灯籠彩る みなかみで25日から「かがよふあかり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 温泉街や観光地を竹灯籠で彩る「かがよふあかり」が25日から、みなかみ町で初開催され、町産の竹で作った300以上の灯籠を飾る。企画に向け、住民有志でつくる「みなかみ芸術の明かり竹灯籠委員会」が準備を進めている=写真

 灯籠が並ぶのは、たくみの里の熊野神社、湯宿温泉、猿ケ京温泉の関所跡。観光客が落ち込む冬場の町内を盛り上げようと、住民有志が企画した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事