佐野市アピールにキャッチコピー提案 群馬の高崎経済大生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表する高崎経済大生ら

 都市のPR方法を学ぼうと、群馬県の高崎経済大生が、栃木県佐野市役所を訪れ、岡部正英市長ら市幹部に、同市をアピールするためのキャッチコピーを提案した。

 地域政策学部の岩崎忠教授のゼミで地方自治を学ぶ12人が訪問。学生は市を取り巻く外部環境などを学んだ上で、魅力が伝わるように考案したコピーを発表した。萩原加奈さん(20)=みなかみ町出身=は「今日、佐野でいました。」を提案。「いろいろな人に出会えたらいい、という思いを込めた」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事