「温泉行ってみたい」 南アジア学生らホームステイ みなかみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホストファミリーと交流する学生ら

 外務省の事業の一環で来日している南アジアの学生ら25人が24日、群馬県みなかみ町を訪問し、日本文化に触れたり、ホストファミリーと交流したりした。

 道の駅たくみの里では、工芸品作りを体験。月夜野農村環境改善センターではホームステイ先の家族と対面し、自己紹介をしたり行きたい場所について話したりした。一行は20日に来日し、23日来県。26日まで同町で過ごし、27~28日に帰国する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事