丹精した花 中南米産も 館林で洋らん展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 洋ランの魅力を多くの人に知ってもらおうと、「つつじの里 洋らん展」(日本洋蘭友の会主催)が24日、群馬県館林市楠町の商業施設アゼリアモールで始まった。県内外の愛好家15人が丹精して咲かせた花々が買い物客らの目を楽しませている=写真。26日まで。

 カトレアやデンドロビュームを中心に、花の形や大きさ、咲き方などさまざまな洋ランが咲き競う。中南米の高地に生息する珍しい種類もある。

 午前10時~午後7時(最終日は6時まで)。問い合わせは根岸園芸(電話0276-73-0811)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事