つるし雛で春を感じて 吉岡町の温泉施設に色鮮やかな30点  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 一足早く春の訪れを感じてもらおうと、群馬県吉岡町漆原の「よしおか温泉 リバートピア吉岡」(小野里桂社長)に色鮮やかなつるしびなが飾られ、来館者の目を楽しませている=写真。3月15日まで。

 地元の町老人福祉センターで活動する「ちりめんお楽しみ会」の会員13人が、ツルやウサギなどをモチーフに制作した約30点を展示。樋口政男支配人は「会員の力作を見てもらいたい」と来館を呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事