県内全域で大雪の恐れ 南部でも15センチ予報 気象台が注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 気象庁は27日、低気圧の通過に伴って上空に寒気が入り込む影響で、群馬県を含む関東甲信で28日にかけて大雪になる恐れがあると発表した。県内の同日午後6時までの予想降雪量はいずれも多い所で山沿いが北部40センチ、南部30センチで、平野部が北部25センチ、南部15センチ。前橋地方気象台は路面凍結や積雪によるスリップ事故などへの警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、県内は27日夜遅くから湿った重い雪が降り始め、28日朝にかけてピークとなる見込み。同日は気温の上昇により、次第に雪から雨に変わるもよう。同気象台は27日、一部地域を除いた県内ほぼ全域に大雪と着雪の注意報を発表した。

 28日の予想最低気温は前橋1度、みなかみ氷点下1度。同気象台は「路面凍結や電線への着雪、農業用ハウスの倒壊、倒木などに注意してほしい」としている。

◎冬タイヤ未装着車 高速道の通行規制
 28日にかけて予想される大雪について、ネクスコ東日本関東支社は27日、関東甲信地方で降雪時、冬用タイヤを装着していない車両の通行を規制する見込みだと発表した。県内では全ての区間で規制実施の可能性があるという。

 関越と東北、上信越、北関東の各自動車道で、冬用タイヤを装着していない車両の通行を規制する。通行する車両にはタイヤチェーンの携行も促している。

 同支社の広報担当者は「降雪の状況によっては通行止めとする可能性もある。最新の交通情報に注意してほしい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事