ランボルギーニやEV「面白い」 太田工業高で特別授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 太田工業高は28日、群馬県太田市の同校で、群馬自動車大学校(伊勢崎市)から講師を招き特別授業を行った。機械科の2年生73人が受講し自動車工学への理解を深めた。

 群馬自動車大学校の小林善郎さん(44)が講師を務めた。「クルマって面白い!スーパーカー&次世代自動車研究」のテーマで、イタリアの高級車、ランボルギーニの歴史や燃料電池車などについて話した。同大学校からランボルギーニや電気自動車など計4台が持ち込まれ、生徒は車を見ながらエンジンやブレーキ、燃費などの説明を聞いた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事