警察、消防、自衛隊 安全守る仕事PR 初の合同説明会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
座談会で熱心に説明を聞く参加者

 警察、消防、自衛隊の3機関合同としては群馬県内初となる合同職場説明会が1日、高崎署で開かれた。同署と高崎市等広域消防局、自衛隊群馬地方協力本部高崎地域事務所の職員が、大学生や高校生ら約60人に県民生活の安全安心を守る仕事の魅力をPRした。

 同署によると、災害現場などで活動している各機関が、それぞれの仕事内容ややりがいについて知ってもらい、就職先として比較検討してもらおうと開催した。職員との座談会も行われ、参加者は積極的に質問していた。

 高崎工業高の見城智章さん(2年)は「祖父が警察官だったので、自分も警察官に興味がある。各部署の仕事内容が分かった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事