サルも寒くて… 草津で氷点下11度など県内各地で今季最低の寒さ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内は6日、寒気の影響で気温が下がり、最低気温が草津で氷点下11.1度を観測するなど5地点で今季最低を記録した。草津町の草津熱帯圏(今井敏夫園長)ではニホンザルが体を寄せ合って暖を取る「サル団子」が見られ=写真、来場者を楽しませた。

 今井園長によると、厳しい寒さのときだけの現象。「今年は暖冬であまり見られなかった」という。同園は24匹を飼育し、5匹ほどずつが固まりとなる「団子」が幾つも見られた。

 7日も冷え込みが強まり、予想最低気温は前橋で同4度、みなかみで同7度。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事