顔がまっくろに 玉村で無病願い墨を塗るすみつけ祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 無病息災を願い顔に墨を塗る「すみつけ祭」が11日、群馬県玉村町上福島地区で開かれた。墨を付けた輪切りのダイコンを手に、児童ら約150人が地元の約200戸を巡った=写真

 江戸元禄期に始まったとされ、かまどのすすで汚れた子どもが疫病を免れたことなどが起源とも言われているという。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事