世界遺産を火から守れ 高山社跡で防火訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 世界文化遺産の高山社跡(群馬県藤岡市高山)の防火訓練が、同所で行われた。市職員や消防関係者、住民ら約30人が出火時の対応を確認した。

 高山社跡の母屋1階から火が出たと想定。解説員が来場者を避難させ119番通報し、駆け付けた消防団員らが手際良くホースを延ばして放水した=写真。住民らは消火器を使った訓練を行った。

 訓練は文化財防火デー(1月26日)にちなんで実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事