クロカンに挑戦 北軽井沢小で体験授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 スポーツ庁「オリンピック・パラリンピック教育推進校」に指定されている群馬県長野原北軽井沢小(山野悟校長)は12日、長野原町の同校校庭でクロスカントリースキーの体験授業を開いた。3~6年生の約60人が滑り方を学んだ=写真

 冬季五輪金メダリストの荻原健司さん(草津町出身)の姉で、長野原応桑小教諭の中沢尚子さんらが講師を務め、スキーを履いて歩く練習やストックを使った滑り方などをレクチャー。児童はリレーや鬼ごっこなどの遊びを交えた練習で、クロカンを楽しんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事