心の発達 理解深めて 伊勢崎と大泉で外国人 ストレスケア講習
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気分転換の仕方を書き出す外国人参加者ら

 群馬県内で増え続ける外国人住民との共生を目指し、子育て世代や教育に携わる外国人を対象としたストレスケア講習会(県主催)が16日、伊勢崎市かすりの郷と大泉町文化むらの2会場で開かれた。参加者がストレスとの上手な付き合い方や、子どもの心の発達について理解を深めた。

 絣の郷では、ブラジルやペルー、ボリビア出身の11人が参加した。ジョイフル心理相談室(富岡市星田)の臨床心理士、佐藤友哉さんが講師を務め、ストレスの原因やケアの仕方を説明。「ストレスを否定する必要はなく、つらい気持ちをありのまま認めることが大切」と呼び掛けた。

 子どもの発達段階ごとの悩みや必要な対応も分かりやすく伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事