DV被害者自立へシェルターを充実 県、専門家人件費など支援
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ドメスティックバイオレンス(DV)被害を受けた女性の自立支援などにつなげようと、群馬県は新年度、県内にある民間シェルターの機能充実に向けた支援に乗り出す。心理やキャリアのカウンセラーによる支援事業を委託したり防犯態勢整備、通訳費用を負担することで、女性を保護から自立まで継続的に支える。

 県は民間シェルターに対して、心理カウンセラーやキャリアカウンセラーを雇う際の人件費を負担するほか、防犯カメラなどの設置費用や外国籍の被害者を対象に通訳費用も補助する。説明会を開き、支援を希望する団体を募る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事