地域人材の育成 地元定着考える 前橋で産学官シンポ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人材育成や地元定着などについて考えたシンポジウム

 地域人材の育成や地元定着について考えるシンポジウムが17日、前橋市の共愛学園前橋国際大で開かれた。産学官の代表者によるパネルセッションでは、それぞれの立場からこれまでの成果や今後の課題などについて意見が出された。

 登壇したのは宇留賀敬一副知事、県商工会議所連合会の曽我孝之会長、同大学の大森昭生学長の3人。上毛新聞社の高橋徹高崎支社長が司会を務めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事