五輪応援トラック出発 車体に邑楽中・岩瀬さん作品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岩瀬さんと作品がデザインされた宅配便トラック

 東京五輪・パラリンピックを応援するメッセージを掲げたクロネコヤマトのトラック出発式が、東京都内で行われた。群馬県邑楽中学校2年の岩瀬紀香さん(14)ら全国14人の入賞作品をデザインした宅配便トラックが披露された。約8カ月間にわたり都内を走る。

 邑楽中は昨年夏、生徒に創作を呼び掛け、岩瀬さんもクラスメートと一緒に応募。全国の小中学生から14万件超の作品が集まり、金賞2人、銀賞2人、銅賞10人が決まった。岩瀬さんは「日本が一つに、世界が一つになるその瞬間が一番の世界平和。全力をつくして―。喜びを未来につなげよう!」で銅賞を獲得した。本県で銅賞以上の入賞は岩瀬さんのみ。

 出発式には母の和美さんらと出席。岩瀬さんは「五輪が盛り上がり、もっと世界が平和になってほしいという願いを込めた」と話している。賞品として五輪の開会式か閉会式のペアチケットが贈られる。

 ヤマトホールディングスが主催。銅賞に次ぐ審査員特別賞に選ばれた近頭優希さん(太田中3年)ら86人に五輪またはパラリンピック競技のペアチケットが贈られる。応募786校のうち100校が学校賞となったが、県内の該当校はなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事