谷川岳で遭難の中学生発見の2人に感謝状 沼田署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
感謝状を受け取る勝山さん(左)と加治さん

 みなかみ町湯桧曽の谷川岳天神平スキー場近くで11日にスノーボード中だった中学3年の男子生徒(15)=千葉県浦安市=が行方不明になった遭難事故で、沼田署は21日、生徒を翌日無事発見した埼玉県富士見市の加治秀之さん(44)と前橋市の勝山尚徳さん(37)に感謝状を贈った。

 2人は谷川岳を中心に活動するプロスノーボーダーのチームに所属。11日から2日間にわたりボランティアで捜索に協力した。12日午前11時ごろ、ゲレンデとは反対側の斜面にうっすらとラインが伸びているのを見つけて跡をたどったところ、自力で下山途中の生徒を発見した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事